無職の主婦がお金を借りる方法

主婦が借り入れする場合は大きく分けて2通りのケースがあります。

専業主婦→銀行カードローンのみ利用可能

無職の専業主婦の場合は、総量規制の関係で消費者金融など貸金業者での借入は不可となっています。
銀行は総量規制外のため、一部の商品で専業主婦でも利用可能なカードローンがあります。
利用条件は配偶者に安定した収入があることですが、配偶者である夫の同意書や収入証明書は不要で申し込めるので、わずらわしさがありません。

専業主婦向けの商品では夫の信用情報照会や在籍確認が行われることもないので、バレずに借りたい人にもおすすめです。
借入限度額は低めの設定となっています。

自身に収入がある主婦→消費者金融・信販系・銀行が利用可能

自分で仕事をしている人ならどのカードローン会社でも申し込みできます。
正社員でなくても派遣社員・パートなどでもOKです。
大手消費者金融では女性専用のレディースキャッシングや無利息期間を展開するなど、多くの女性が利用しやすいサービスが魅力です。

また銀行にくらべて審査に通りやすく回答までにかかる時間も短いといわれています。
ただし金利は銀行カードローンと比較すると高めです。

このように収入の有無によって借入先の選択肢も変わってきます。
いずれの場合も希望する口座への振込キャッシングや、カードによるコンビニ提携ATMでのキャッシングなど便利な機能が利用できます。
また金融機関によって定められた指定時間までに手続きすると、最短で即日融資の可能性もあります。