消費者金融と銀行カードローンに違いはあるの?

専業主婦が借り入れする場合、総量規制という法律が分かれ目になります。
総量規制は本人の年収の1/3を超える借金はできない、という法律です。
結論から言うと、専業主婦が利用できるのは事実上銀行のカードローンのみになります。

その理由は銀行は総量規制の対象外だからです。
銀行では年収に関係なく、無職の専業主婦向けにも貸し付けを行っています。
審査に通りさえすれば、専業主婦の皆さんでもカードローンを利用してキャッシングが可能なのです。

いっぽうの消費者金融は総量規制の対象となる貸金業者にあたります。
ですから原則として収入のない専業主婦は融資を受けることができません。
消費者金融でも実は配偶者貸付といって、夫婦で年収を合算して申請できる例外を設けています。

ただ手続きや書類が面倒なことから、実際に申込を受け付けている業者はほとんどありません。
以上のことから専業主婦は銀行が提供している専用のカードローン商品がおすすめになります。
銀行は安心感も大きい上に配偶者の同意書や収入証明書ナシで借入可能なことから、専業主婦に大変人気があります。

インターネットや自動契約機を利用して申し込めば審査スピードが迅速で即日融資の可能性もありますし、また家族にバレる心配もほとんどありません。
夫の勤務先に在籍確認の電話連絡が入ることもないので安心です。
郵送物をストップしたりWEB明細サービスを活用することで、さらに安心して周囲にも内緒でカードローンが利用できるようになります。