カードローンの返済方法

カードローン会社への返済方法は様々です。

ネットバンキング

インターネットで返済する方法です。パソコン・ケータイ・スマートフォンから、インターネットバンキングにログインして返済します。
店舗にいく必要もなく、土日・祝日でも金融機関営業時間外でも営業日に関係なく即時処理で返済されるため、限度額範囲での追加融資もすぐに受ける事ができます。
手数料0円が多いです。

自動引き落とし

毎月普通預金口座から口座振替で返済していく方法です。
ご自身の円普通預金口座を指定して、金融機関に申込み手続きをします。
これも手数料などかからず0円の場合が大半です。

ATM返済

借り入れしている金融機関のATMで返済する方法です。
銀行休業日に関係なく返済することができ、手数料0円が多いです。
提携ATMでは手数料が発生しますが、コンビニATM(たとえばローソンATMなど)で返済した場合手数料は0円です。

銀行振込み

ご自身で近くの銀行から借り入れている金融機関の指定口座に直接振り込みする方法です。
銀行振込み手数料は自己負担になります。

せっかく金利が安くても手数料がかかってしまったら、総支払利息額は大きくなってしまうかもしれません。
契約する前に返済方法も比較して、自分に合ったカードローンを選択しましょう。

リボルビング払いについて

リボ払いといわれる返済方法についてもご紹介します。

リボルビング払いにはメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリット
メリットは、購入額に関わらず支払額が一定になるため、返済計画がたてやすい点です。
デメリットはどのくらい支払いが終わったのか分かりづらく、無計画に利用すると利用残高が増えて支払いが困難になる場合があります。
残高スライドリボルビング方式
リボ払いの残高スライドリボルビング方式とは月々の返済金額が残高にあわせてスライドしていく仕組みです。
どこの部分がスライドするかで方式がいくつかありますが、多くの消費者金融が採用しているのが残高スライド元利定額リボルビング方式です。
残高スライド元利定額リボルビング方式
残高スライド元利定額リボルビング方式は元金と利息が借入残高によってスライドするタイプです。
返済額の中からまず利息が先に返済されて残りが元金となります。